婦人

瞳の救世主|アントシアニンで休息を取ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活習慣病を防ぐ対策

家族

食生活と運動不足をなくす

昔の日本には少なくて、戦後になってから急激に増えてきた病気として生活習慣病があります。これは不規則な生活習慣が積み重なったことによって起こる病気です。その代表的な病気が糖尿病です。糖尿病を引き起こす生活習慣として大きな影響を持つのが食生活です。戦後の経済成長と共に食生活が豊かになり、カロリーの高い食べ物をたくさん食べるようになりました。また車が発達して自分の足で歩くことが少なくなりました。それによって運動不足になり、肥満体型の人が増えたのです。糖尿病を防ぐためにはカロリーの高い食事を控え、生活の中に運動を取り入れるように気をつけることです。最近は生活習慣病のリスクを抑えるサプリメントも発売されているので、それを利用するのも良い方法です。

サプリを併用する効果

糖尿病は他の病気と違って初期症状がわかりにくいのです。生活習慣が乱れがちな人は普段からサプリメントを服用しておくと予防効果があります。糖尿病に効果のあるサプリメントの特徴は、サポニンやナットウキナーゼといった成分が配合されていることです。サポニンという成分は高麗人参に多く含まれており、疲労回復効果などがあります。その他にも代謝機能を高める効果があり、生活習慣病の予防に適しています。またナットウキナーゼというのは血流をサラサラにする効果があり、血液中のコレステロールを減らす働きをします。このような特徴の成分を配合しているサプリメントを常用することによって、生活習慣病を防ぎ、糖尿病の発症を抑えることができるのです。